オーマイゴッド!日本中のヴィーガンが待ちに待った日はついに来た。

オリンピックに向かって、ファミマは色の多様性や健康志向の高まりに対応し、3月17日から東京都内で「ベジバーグ丼」を新発売する。

ファミリーマート初、日本ベジタリアン協会推奨マーク取得弁当で、肉、魚介類、卵などの動物性材料は一切使用されていない。正真正銘のヴィーガンハンバーグ!

肉の代わりに大豆ミートを使ったベジバーグ丼は税込498円。

ファミマの発表では、大豆ミートの環境へのメリットにも触れている。

“植物性たんぱく質は、家畜に比べて水や生育に掛かるエネルギーといった環境負荷が少ない等の理由より、近年、関心が高まっております。特に大豆は畑の肉といわれるほど、植物性タンパク質をはじめとした栄養が豊富に含まれている食材です。大豆の加工食品である大豆ミートは、健康・環境への配慮、食に対する多様な文化等に配慮された食材として注目を集めております。”

売り上げがよかったら、全国でリリースされるだろう。

ファミマの発表はこちらから