アメリカのノースカロライナ州、超大型ハリケーン「ドリアン」で海に流された3頭の牛は無事に島で発見された。

史上最強クラスのハリケーンで、生き残ることはあり得ないと思われいていたが

牛たちは嵐の中、8キロも泳いで近くのルックアウト岬国立海岸公園に無事に辿り着くことができたようだ。

公園の代表 BG Horvatは「ハリケーンで遠くまで流されて溺れ死んだ野生の馬たちみたいな目に合わないで、とても運がいい牛だ」と語っいる。

動物も、必死に生きようと頑張っていて決して死にたくないことがはっきりわかる。


著者: ダンテ