ヴィーガンで動物愛護活動家のホアキン・フェニックスは第92回アカデミー賞授賞式で『ジョーカー』の演技で主演男優賞を受賞した。

授賞式のスピーチでは、酪農業の残酷さに触れながら人類が動物と環境と共存できる世の中を作ろうという希望に溢れたメッセージを何千万人もの人に届けた。

“私たち人間は、牛を人工的に妊娠させて

生まれたばっかりの赤ちゃんを

奪う権利があると思ってる。

母牛が苦しんで悲しく嘆くのに

子牛のための牛乳を横取りして

コーヒーやシリアルにかけてる。

何かを犠牲にしないと

いけないと思い込んでるからだ。

でも、私たち人間は独創的で

クリエイティブで

とても賢い生き物。

もし思いやりと愛を方針にして生きたら

動物と環境と共存ができるよう

世界を変えられるに違いない。”

授賞式の後のパーティーで、嫁のルーニー・マーラと一緒に「ヴィーガンを選ぼう」というファームサンクチュアリー(有名な畜産動物の保護施設)のポスターを持ち歩いた。

二人でロスの人気なビーガンバーガーチェーン店Monty’s Good Burgerの料理を楽しそうに食べた。


著者: ダンテ