カナダのケンタッキーは食品会社Lightlifeとコラボをし、植物性のフライチキンサンドとポップコーンチキンをメニューに導入した。

一昨日オンタリオ州の1店舗で試験販売され、なんと1日だけで売り切れた。反応が大変良かったため、おそらく来年カナダの全店舗でリリースされるだろう。

この投稿をInstagramで見る

KFC Canada(@kfc_canada)がシェアした投稿

世界中のケンタッキーは植物性食品の需要に対応するために食品を開発している。

今年イギリスでは「Imposter Burger」という、卵不使用のマヨネーズ、レタス、ケンタッキーの特徴な香味料、そしてQuorn社のチキンフィレを使ったサンドが大ヒットした。

Imposter Burger

アメリカの方では、ケンタッキーがビヨンドミートのチキンナゲットを最近新発売した。

ビヨンドミートのチキンナゲットはアメリカで試験販売されて大成功だった

自分の指を舐めるほどうまい、カーネルの味には限りがないと弊社が思っております。だから、ミートフリーの食事を求めるカナダ人の皆様のために、美味しいプラントベースのメニューを作りました。

KFCカナダのマーケティング部の部長がビーガンの食品を開発した理由を説明している。

近い未来に日本でもデビューするだろう。


著者: ダンテ