日本の大手食肉食品会社はいよいよ菜食への需要に目覚めた。

3月に日本ハムは肉を使用しない、ベジタリアン向けの新しいシリーズ「ナチュミート」を発売する。

ハムタイプ、ソーセージ、ミートボール、ハンバーグなど、家庭料理にすぐ使える便利なラインアップ。

試食会に参加された方の話によると、肉じゃないと信じられないほど味と食感が肉そっくりで、ベジタリアく肉が好きな人にも大好評ということ。

ハムは6217円で、とても財布に優しい値段。

卵や乳製品が使用されているため残念ながらヴィーガン対応ではないが、日本で植物肉が手軽に買えるようになったら菜食へのハードルがかなり下がる。

本当に革命的なニュース。


著者: ダンテ