1月は新年の始まりで、目標を決める時期。

海外では、Veganuary (VeganJanuaryを掛け合わせている)という、1月の間に動物性食品をやめてヴィーガンのライフスタイルに挑戦する運動が流行り、今年は参加者が35万人まで増えている。

なんでビーガンにチャレンジしているかというと

1番の理由は「自分の健康のため」で、健康に続き動物を助けるために菜食を取り入れたいと答えている参加者は34%

もし環境問題と畜産業の暴力を見て「私にも何かが出来たらいいのに・・」とどうしようもない気分になっていたら、実はあなたにも今すぐできることがあるよ。1月にヴィーガンにチャレンジすること。

と、ヒット映画『ジョーカー』の主役のホアキン・フェニックスがVeganuaryを推薦している。

ハリーポッターの女優ヴァナ・リンチVeganuaryを広めている。

ヴィーガンへのハードルが高く感じて、やってみたら失敗するのでチャレンジしないって人は多いと思う。でも、Veganuaryは一人じゃなくてコミュニティーとして他の人と一緒にやるチャンスだし、一生やらなくてもいいから1ヶ月だけやってみて様子をみようって感じだからスタートしやすい。


著者: ダンテ