大手スーパーで、今年植物性ミルクが牛乳の3倍も売り上げが高い

イギリスの大手のスーパーのホールフーズ・マーケットでは、植物性ミルクやチーズは初めて乳製品の売り上げを超えた。

“まだ一般的なチーズの方が人気があるけど、調査によると国民の3分の1は植物性チーズを食べてみたいと言っているそうだ。植物性チーズは本当に流行っている。”

とホールフーズ職員のMiguel UribeがPlant-Based Newsに語っている。

ホールフーズの植物性ミルクコーナーは牛乳コーナーの2倍ほど大きい

“そして、今年植物性ミルクなどの乳製品の代用品は、乳製品の3倍も売り上げが高かった。そう言う結果は初めて”

乳製品の代用品は、特に女性とY世代に人気が高まっている。

ホールフーズの調査によると、女性の39%は植物性チーズに興味があり、Y世代は4人に1人が食べた経験があるそうだ。

日本でもヴィーガンチーズの人気が高まっている

日本でも、近年はイオンなどのスーパーで「ヴィーガンシュレッド」や「ビヨンド豆腐」のようなヴィーガンチーズが取り扱われ、需要は確実に増えつつある。


著者: ダンテ